を提供しています

リンク

フォワーダドイツ語一般条件

のADSP

ドイツ総キャリア条件

前文

これらの条件から適用されます 1. 1月 2003 ドイツ産業連盟が推奨する, ドイツの卸売業の連邦協会- 及び外国貿易, フォワーディング、ロジスティクス協会, ドイツ産業- 商, ドイツの小売業者の中央協会. この勧告は拘束力はありません. それは、当事者が自由にありです。, 定式化する別の契約によって行われる.

1.プリンシパルの利益- とデューデリジェンス

運送会社は、その元本の利益のために行動し、慎重なビジネスマンのデューデリジェンスと彼の職務を全うしなければならない.

2.範囲

2.1 ADSPは、活動のあらゆる種類の輸送のための契約に適用される, 彼らは、貨物輸送に関係するかどうか, 運賃, 保存- または転送貿易国境操作に共通の他のサービスに関連して. これらはまた、一般的に転送する物流サービスを含む, これらは、接続に物品の運送または保管に接続されている場合.

2.2 転送サービスの場合は、§§によって規制さ 453 へ 466 荷主が負うHGBは、要求されたサービスをアレンジするための唯一の責任がある, 法律の規定により、条件または他は、何も取らない.

2.3 ADSPは、トランザクションには適用されません, 排他的に仕事に包装して除去物品の運送とその記憶を持っている,-クレーンの昇降と重作業- 運送会社の通常の積み替えサービスを除くと大容量のトランスポート、, -牽引する貨物または輸送·貯蔵.

2.4 ADSPは、消費者との輸送契約には適用されません. 消費者が自然人である, ために契約, 商用でもないでも、その独立した職業活動がに起因することがあります.

2.5 貿易の通関またはADSPの法律の規定であれば, 優先順位は、ADSPを取る, そうしない限り、, その必須の法定規定または条件- 固定された. 航空運送の契約の, 参照してください - , 内陸水路- またはモーダル輸送,これらのために考案したキャリッジの条件を確保するために別の契約上の取り決めが行われている.

2.6 運送会社は、認可の第三者の通常の標準契約条件に同意することを許可されてい.

2.7 との関係で- 中間フォワーダADSPは、中間運送業者の条件のとおりです。.

3. オーダー, 伝送エラー, コンテンツ, 財の特殊なタイプ

3.1 受注, 説明書, 文との通信が有効である. その後の変更は、明確にそのようにマークする必要があります.

コンテンツ、正しい、完全な伝送のための証明の負担がある, 誰がそれに依存しています.

3.2 書面で宣言するために必要な場合を除き, それは、データの通信や他の機械可読形式である, 発行者が見えるようにすることを提供.

3.3 配置するときにプリンシパルが運送業者に通知する必要があります, トラフィック契約の対象であること:-危険物、生きている動物や植物の生鮮,-特に貴重な窃盗絶滅危惧財

3.4 校長は彼の命令のアドレスで指定する必要があります。, サイン, 番号, 数, パッケージの性質と内容, 項の意味にお​​ける物品の特性 3.3, 保険の目的のために物品の値とその他の情報は、関連する状況を適切に実行するために提供するために.

3.5 危険物の場合、プリンシパルは危険の正確な性質に運送会社に通知しなければならないと – 必要ならば – 取られるべき注意事項を伝える. それは危険物や他の物品の運送のために法律の意味で危険です。, 危険物の運送又は特別な保管のために, 口語の- または廃棄物に関連する法律があります, 転送情報の適切な実行のために、クライアント, 危険なための規則に従って、特に分類, mitzuteilen.3.6プリンシパルは、特に貴重品や盗難の危険性について運送会社に通知する必要があります (例えば. マネー, 貴金属, ジュエリー, 時計, 宝石, 美術品, アンティーク, チェックイン, クレジットカード, 有効なテレホンカードまたは他の決済手段, 有価証券, 値, ドキュメント, スピリッツ, タバコ, 家電, 通信機器, コンピュータ機器とアクセサリ) 実際の値を持つだけでなく、財 50 €/ kg以上も事前に運送会社を転送する, 運送会社は、オプションを持っていること, 商品を受け入れることを、契約の安全かつ確実な実行のための措置を講ずるかどうかを決定する.

3.7 転送命令は、数値でない場合は 3.3 – 3.6 前述の条件, それはキャリア次第です, -物品の受け入れを拒否する,-すでに受け入れられたかグッズを返す. クライアントに通知することなくこれを送信することは、それを選択するための準備, ストアまたはトランスポート、追加の, 十分な補償を請求する, 契約の安全かつ確実な実行がコスト増ist3.8に関連付けられている場合運送会社は義務はありません, 番号で 3.3 へ 3.6 発言を確認するか、補足する.

3.9 運送会社は義務はありません, 署名者の権限に係る物品又は書類若しくは通知のいずれかの署名の正当性をチェック, ない限り、, 信憑性や権限に関する合理的な疑いが存在する.

4. 包装, ローディングの提供- と包装材料, 計量とチェック

4.1 転送命令が合意されているから、nicht4.1.1物品の包装,

4.1.2 秤量, 調査, 物品を保持するか、または向上させるための施策とその包装, ない限り、, これは通常の商慣行である,

4.1.3パレットまたは他の負荷の提供または交換- と包装材料.

彼らは列車と列車変更されていない場合, のみピックアップされ, 新しい注文が発行されたとき. これが適用されません。, 交換は、運送会社の命令である場合.

4.2 セクションの下にあるサービス 4.1 個別に請求され.

5. 通関手続き

5.1 他の国で先に出荷するための命令は、通関のための手順が含まれています, 目的地への輸送ではありません場合は、.

5.2 通関手続きについては、フォワーダは追加料金電荷による発生した実際の料金に追加されたものです.

5.3 オーダー, 保税たり、自由に家を提供するための電源と, 運送会社を認可するが含まれています, 必要な税関の実行を決定するための物品の関税および手数料に関する.

6. 包装- およびクライアントの要件をラベリング

6.1 パッケージは、クライアントが明確かつ永続的にその機能の適切な取り扱いが付いている, アドレスなど, サイン, 番号, 取扱いおよびプロパティのシンボル; 古いマークは削除されたり改ざんされている必要があり.

6.2 さらに、クライアントには、義務付けられている,

6.2.1彼らは簡単に特徴づけるために認識されているとして、パッケージに関連付けられたプログラムで;

6.2.2ピースを詰めるように準備する, トレースäußerlicsichtbarerを離れることなく、その内容にアクセスできません (テープ, バンドなどは許されています, 真似して個別に設計された、あるいは困難な場合; 唯一の銀紙, 熱的に密封され);

6.2.3フォワーダの統合委託で, この委託の個々のパッケージやユニット (最大円周プラス長い辺) 1メートル未満で構成されています, 大きいには、この委託をzusammenzufass

6.2.4ハングアップの委託, いくつかの部分から成る, 閉じた封筒で扱いやすくするために、これらのユニット;6.2.5少なくとも土地の上に 1 000 定めるところにより、船舶の貨物重量仕様で輸送される重量のマーキングに関する法律kgの総重量.

6.3パッケージは、単一のパッケージであるか、または契約単位の校長によって形成された, 例えば. ボックス, ケージ, パレット, ハンドリングユニット, 閉じた貨物船, このような防水カバー付きで覆われたワゴンなどの単位, トレーラー、スワップボディ, コンテナ, イグルー

6.4パッケージには、数値を満たしていない場合 6.1 と 6.2 条件, その後のセクション 3.7 適切なアプリケーション.

7.運送会社の監査役の職務

7.1運送会社は義務付けられている, Schnittstellen7.1.1を確認するには、その量は、アイデンティティとアザラシと留め具の見かけの良い順序と整合性に関するパッケージは7.1.2Unregelmäßigkeitenを文書化しなければならない (例えば. 添付書類や、特別な通知によって).

7.2インターフェイスには、1つの法人から別のパッケージのいずれかの時点で、各ステージの最後に配信.

8. 領収書

8.1証明書をEmpfangsbescheinigungInフォワーダを指定されたクライアントの要求に応じて運送会社は、パッケージの量と種類を確認する, はなく、その内容, 値または重み. 大量に, その受領の証明書のような完全な負荷とは、契約の受領荷受人またはその他の付随する輸送文書の総重量または電荷キャリアの証明としてGutes.8.2量の他の説明が記載されていない. 荷受人は拒否するべき, 助成金の受領, その後、運送会社は、命令を要求する必要があります. 商品は既に受信側でアンロードされている場合, 運送会社は権利が, 再び受け入れる.

9.説明書

9.1校長によって取り消されるまで、命令によって付与されるライセンスは、貨物運送のために有効である.

9.2 不十分または非現実的な指示運送会社は彼の専門的な判断を使用することができます.

9.3 注文, 第三者に使用可能なプロパティを保持する, 以上が取り消さすることはできません, 使用可能な合計は、転送エージェントはサードに近づいたとき.

10.運賃の支払い, 着払い

10.1校長による声明, 契約は、貨物が未払いに実行されたか、または順序は、受信者のアカウントに対して実行された、またはサード, キャリアに対する顧客の義務には影響しません, 句の下にtragen.10.2Mitteilungにすべての費用の支払い 10.1 現金の支払いが含まれていません.

11. ひねり出す

11.1合意の欠如は、ロードしている- と納期を保証できません, また、同じトランスポートの物品の取扱いの一連の.

11.2これは、配信の遅延に関する運送人の法的責任には影響しません.

12.障害

12.1障害, 運送会社のリスクに帰属しない, 自分の時間のコミットメントの持続のために彼を解放する, 彼らのパフォーマンスができなくなった.

そのような障害の場合には、 1 キャリアであり、クライアントが権利を有します, 契約から撤退, 契約はすでに部分的に実行されている場合でも、.

もし運送会社またはプリンシパルを撤回, キャリアは費用を弁償するよう, 彼はクライアントのために興味のある適切であるかかを検討させて頂きました.

12.2運送会社は、助言するために彼の通常の専門的ケアの枠組みの中で義務付けられている, かどうか出荷に関する法律や公的規制 (例えば. A- と輸出規制) 存在する. 運送会社は、しかし、公式声明を介して、または契約交渉の印象を持っている場合, アルテすることによって、特定のトランザクションの特別な知識を持たなければならない, 彼は適切に行動する必要があります- と注意に従い、義務を果たすために.

12.3運送会社は責任を公的行為が彼の主に向かって運送会社の権利に影響を与えませんされていません; 顧客は、このような事象から生じるいかなる結果に対してキャリアを補償しなければならない. 状態またはその他の第三者に対抗する運送会社の請求には影響しません.

13.配達.

配信は、荷受人または人現在の事業のいずれかの効果が起こる, ない限り、, 受信するためにその権限について合理的な疑いがある.

14.情報の要求- 荷受人のと代わって

14.1運送会社は義務付けられている, すべての必要な情報を持つプリンシパルを提供する, リクエストに応じて、トランザクションの状態に関する、それらのアカウントの実行後; コストを開示するだけ義務付けられている, 彼はクライアントに代わって行動している場合.

14.2運送会社は義務付けられている, クライアントのすべての, 彼がビジネスを実行するために取得し、彼が経営から得られた, herauszug

15.保存

15.1独自または他の記憶領域内のキャリアの裁量でストレージ. サードパーティ製の倉庫でキャリアに重畳された, 彼は、書面で自分の名前と倉庫会社を公表しなければならないか, 倉庫令状場合, これに留意する.

15.2クライアントは無料です, ストアをご覧いただくか、できるように訪問する. 品物の保管または貯蔵室の選択についての苦情は、彼はすぐに行う必要があります. 彼は検査の権利を行使しない場合, 宿泊施設の方法に対して、彼は波の異議に対するすべての権利を, 貯蔵室とストレージの選択は運送会社の世話に準拠している限りist.15.3Das顧客に倉庫を入力するだけですが運送会社と彼の営業時間によらなければならない.

15.4プリンシパルは、前に商品を扱う場合 (例えば. サンプリング), 運送会社は、請求することができる。, その数, と商品の重量は、クライアントと一緒に検査さ​​れる. クライアントはこの要求に準拠していない場合, 損傷のために運送業者の責任は、後に除外され発見された, ない限り、, ダメージはすべての損害について、不動産zurückzuführen.15.5Derクライアントによって実行されるアクションの責任を負いません, 彼, Betretendesキャンプ又はその従業員若しくは代理人は、入力または運送会社を有する土地で駆動, 他のウェアハウス·クライアントまたは第三者を追加します。, ない限り、, そのクライアント, その従業員若しくは代理人が責任trifft.15.6Beiインベントリの不一致ではありませんが、運送会社は、バランスをとる権利がある- 同じプリンシパル不足と在庫の黒字と黒字.

15.7運送会社によって生じた合理的な疑いを持っている, 彼らの主張は、品物の価値によって保護されているかどうか, 彼は校長の合理的な期限を受ける権利を有する, 当該貨物の運送または保管の請求をいずれかに貢献して保護することができます. クライアントはこの要求に準拠していない場合, 運送会社は、さらに、予告なしに契約を解除する権利がある.

16.オファーとお支払い

16.1フォワーダーと価格とサービスについて、彼との契約からのオファーは常に指定された独自のサービスまたは第三者のものを参照し、通常サイズの商品に, 正常な体重と自然; 彼らは通常の自由な輸送を想定, 妨げられることなくアクセス, アンダーレイの即時に出荷と妥当性の可能性, 先に, ない限り、, 変更は、現在の状況下では予見することができる。. メモ, など “加えて通常の補助料” 運送会社を受けること, 特別費用および特別なサプリメント、燃油サーチャージ.

16.2運送会社のすべてのオファーは即時承認と関連タスクの即時実行のためにのみ有効です。, そうでなければ二重引用符で指定されない限り、, とのみ, 取扱説明書を参照するときは、引用符を参照してください。.

16.3注文はキャンセルまたは取り下げられた場合, §基づく請求への命令運送§ 415, 417 HGBへ.

16.4COD場合- または他のコレクション命令が遡及的に撤回されている, お金は額ではありません, 運送会社は、彼のコレクション料を受ける権利を有する.

16.5荷受人は彼に宛て委託を受け入れることを拒否した場合, または、もし上の理由配信 , 運送会社では責任を負いません, ことはできません, にHinbeförderungと同じレベルで以降の輸送ドレージための運送会社.

17.経費運送会社, 免除請求

17.1運送会社は、費用の償還を受ける権利を有する, 彼は合理的に必要な考えることができている.

17.2オーダー, よく配達を取る到着, 運送会社を認可, 彼の義務はありません, 不動産の静的荷重, COD, 職務, 解釈非税費用、および経費.

17.3貨物クレームの,Haverieeinschüssenまたは貢献, 職務, 租税その他の公課, 上の荷主, 特に委任代理人又は会費その他として行われる, クライアントはただちに提供​​するためにキャリアを呼び出す必要があります, 彼女は、運送業者の責任でなかった場合. 運送会社は権利が, その単独の裁量で適切な措置を取る身を守るために. 即時アクションの必要がない限り、, 運送会社は、命令を要求する必要があります.

17.4プリンシパルは、すべてのパブリックについて適切な方法で運送会社に通知する必要があります, 例えば. 税関規制や既存の上に, 例えば. 注意を引くために商標法上の義務, 物品の所有に関連付けられている, 合理的に運送会社の引用ですから推定されない限り、, これらの義務は彼に知られていること.

18.請求書, 外国為替

18.1フォワーダー "請求書が直ちにbegleichen.18.2Der運送会社は権利がされている, ローカルまたはドイツ語の通貨での彼の支払いの後に外国のプリンシパルの受信を要求する.

18.3運送会社は、外貨を借りている場合、または外貨で彼は進歩和を, 彼は権利がある, いずれかの外国の通貨、またはドイツ語での支払いを要求する. 彼はドイツの通貨で支払いを要求する場合, 交換の日のレートがでなければならないため、変換が行われ, ない限り、, 別のコースやが使用されたことを証明される.

19.オフ, サービス契約およびその他の関連する契約上の請求の範囲からZurückbehaltung.Gegenüberクレームは、クレームのみに対して設定することができ、相殺または保持で, 異議が妨げられることはありませんどこ.

20.誓約- とリテンション

20.1原因かどうかにより、すべての請求のために運送業者, 彼に数の 2.1 クライアントのすべてのサービスは権​​利が, 先取特権と彼の所持やその他の貴重品の商品に先取特権. 誓約- と保持に加え

20.2.運送会社は彼の先取特権を行使することができる- プリンシパルとキャリッジの他の契約から生じる請求に対するまたは先取特権のみ, 彼らは議論の余地のある場合、または債務者の財務状況は運送会社の請求を置く.

20.3のの代わりに§ 1234 1月のBGB一定期間は、2週間すべてのケースでなければならない。.

20.4プリンシパルが延滞されている場合, 売却発表後、彼の所持品の運送会社、およびそのような部分, 満たすために彼の専門的な判断で必要とされるようになります。, 彼の主張.

20.5住宅ローンのために- キャリアは慣習ローカルレートの純収益に販売手数料を受ける権利を有する、あるいは売却.

21.財の保険

21.1運送会社は、商品の保険を手配する (例えば. 交通機関- またはストレージ·保険) 彼の選択の保険会社と, 物品を引き渡す前にそうするように指示された場合.

21.2アップのため保険する物品の性質や保険でカバーされていない他の理由の運送会社の在庫, 運送会社はすぐにクライアントに通知する必要があります.

運送会社は権利が, が、必須ではありません, 財の保険に影響を与えるために, これは、プリンシパルの利益である場合. 運送会社と仮定してよい, 保険料は、本人の利益であること, 特に時:-以前の貨物保険の運送会社, -に代わって商品の主値 (数 3.4) 示している.

保険カバーを整理するための仮定がないかもしれません, 時:-プリンシパルのような保険カバーすることを禁じます,-プリンシパルとは、運送会社です。, キャリアまたは倉庫会社

21.3配慮は、保険の種類と程度を決定し、市況に配置した後にキャリアが決定しました, ない限り、, プリンシパルは、被保険者の合計と異なる命令を書くことでカバーされるリスクを指定して、異なった運送会社に指示します.

21.4キャリアと契約、彼はクライアントに代わって行動している場合場合, 運送会社は義務付けられている, 項に基づき要求に応じて 14.1 にアカウント. オーダーへのトラフィックを収集するには、このケースでは、キャリアごとに契約の保険料, 文書化し、保険会社にこの保険のために排他的に全額を支払う.

21.5運送会社, 保険金請求および平均の決済の補償額とその他の管理タスクの没収は、運送会社はその費用の償還に加えて、追加料金です。.

22.運送人の責任, 特許請求の範囲の割譲

22.1キャリアは、彼のすべてのサービスのために責任がある (数 2.1) 法定の要件に従って. 次の規則は、しかし、があります, フォワーダbestimmen.22.2Soweitそうでなければ、固体、適用法によって条件、あるいは要求された契約上のサービスのパフォーマンスのためにのみ責任がある, 彼は唯一のそのようなサードパーティの慎重な選択のために責任がある.

22.3すべての場合において, 物品の滅失又は損傷のためのキャリアのものに付着しています, 彼が値を持つ- §§に従ってコストと償還 429, 430 提供するために、商法.

22.4ある程度その§§ 425 FFと 461 腹筋. 1 商法が適用されません, 運送会社は損害賠償責任がある, から生じる

22.4.1-第三者またはdenAuftraggeberによって不十分な梱包またはマーキング;

22.4.2-合意または慣習屋外貯蔵

22.4.3-窃盗または強盗 (§§243, 244, 249 刑法);

22.4.4 不可抗力, 天気, 家電や配線の害虫, 他の財への影響, 動物による被害, 唯一の範囲に固有の副, 損傷の過失原因として彼が検出された. 損傷は、上記事情のいずれかから生じた可能性が, それは想定されます, 彼はここから浮上していることを.

22.5運送会社は、第三者に対して債権を有するとき, 彼は責任を負いません, または貨物フォワーダーの過剰で、独自の賠償請求がある場合, 彼は要求に応じてクライアントにそのような主張を譲るものと, ない限り、, 運送会社は、特別な契約によって、検察は、クライアントのコストとリスクで主張している.

校長はまた、催告をすることができる, 運送会社は、パフォーマンス上のアカウントを第三者に彼に対するすべての主張を出再すること. § 437 商法では、影響を受けません.

23.賠償責任の制限

23.1損失や物品への損傷のために運送業者の責任 (物的損害) リクエストに応じて倉庫の例外を除いて、制限されています

23.1.1.上の 5 出荷の総重量のキログラムのために;

23.1.2.途方に暮れて, それは輸送手段で輸送中にプロパティで発生した, 項に反して 23.1.1 負債のこれらの法定限度の輸送に関する;

23.1.3.下の海上輸送を含む輸送の様々な手段とプロモーション契約, 項に反して 23.1.1 上の 2 kgあたりSDR.

23.1.4.最大量の損傷のいずれの場合も 1 私の. または 2 kgあたりSDR, に応じて, いずれか大きい.

23.2唯一の個々のパッケージまたは委託の部品が破損または失われた場合, 総重量の最大の責任を計算:-全体のプログラム, 全体の委託があるとき,

-プログラムの一部切り下げ, 番組の一部だけ量が3倍に制限されている商品にけがや損傷を除いて、商品以外への損傷のために運送会社のist.23.3Die責任をキャンセルした場合, の損失のために支払うであろう, の最大量と 100.000 クレームごとにユーロ.

§§ 431 腹筋. 3, 433 商法には影響を及ぼさないもの.

23.4運送人の責任は、それぞれの場合である, かかわらず、, 一つのイベントに起因するクレームの数が発生する, に限定 2 私の. イベントごと、または 2 失われた物品のkg当たりSDRとbesschädigten, に応じて, いずれか大きい, 1原告は、そのAnsprüche.23.5FürSDRの計算に比例して貨物フォワーダhafftetは、§ 431 腹筋. 4 HGB.

24.ケース·ストレージの責任の制限

24.1損失や物品への損傷のために運送業者の責任 (物的損害は倉庫の限られたケースで​​す。

24.1.1上の 5 出荷の総重量のキログラムのために,

24.1.2を超えない 5.000 クレームごとに; プリンシパルの主張は、名目上の違いである場合- たな卸資産のと、実際の在庫 (数 15.6), 負債額の 25.000 限られた, かかわらず、在庫不一致の因果主張の数. どちらの場合も、ポイント 24.1.1 unberührt.24.2節 23.2 に適用されます.

24.3 けがや物品への損傷を除いて、商品以外への損傷のために運送業者の責任は、倉庫の場合に制限されています 5.000 クレームごとに.

24.4運送人の責任は、それぞれの場合である, かかわらず、, 一つのイベントに起因するクレームの数が発生する, 上の 2 私の. 発生限界あたり; 1原告運送会社の責任は、彼らの主張に比例.

25.立証責任

25.1プリンシパルは、損傷の場合に証拠を提供する必要があります, 明らかに指定された量と質のその財 (§438 HGB) 引き渡しされています. 運送会社は証拠を提供する必要があります, 彼は、物品を納入すること, 彼はそれを受け取ったとして、, 提供してきました.

25.2証拠, 貨物は、輸送と輸送中に破損したこと (数 23.1.2) 発生しました。, 責任は、, 当事者はそのような主張. 発生した損傷が不明な場合は、運送会社は、インタフェースを文書化することにより、輸送のシーケンスのクライアントまたは受信者を指定する必要があります。 (数 7) 説明する. それが信じられている, 損傷は、輸送のその段階で発生したこと, ないクリーンな領収書としてプリンシパルの.

25.3運送会社は義務付けられている, 見つけるための適切なお問い合わせや入手証拠を確保, 損傷がist.26.Außervertraglicheクレームを発生した場所

責任の免除と制限の制限は§§準拠を適用する 434,436 また、非契約上の請求のHGB.

27.修飾

責任の免除と制限のVerschuldenDieは適用されません, 時

損傷が発生しました

27.1意図や運送会社の重大な過失または彼の管理スタッフや契約上の義務違反による, クレームは、予見できるに後者の場合に限られている場所, 典型的な損傷;

27.2§§のケースで 425 FF, 461 腹筋. 1 コー​​ド商業目的または§§で指定されたキャリアによって 428, 462 HGBは、故意または無謀に行動し、知識を, そのダメージはおそらくもたらす.

28.請求書

損失の通知は、§ 438 商法.

29.貨物保険

29.1運送会社は義務付けられている, 完了し、維持するために商業的条件で賠償責任保険の彼の選択の保険会社と, ADSPによると程度保険会社に法律に従って彼の輸送関連の負債をカバー.

29.2クレームごとDieVereinbarungeiner最大補償,事件

年が許可されています; から契約も貢献

Spediteurs.29.3DerフォワーダにのみだけADSPにクライアントを参照することがあります,時,十分な賠償責任保険を置くとき、彼はまで保持.

29.4証明するために保険会社の確認を通じて、顧客、運送会社の責任保険の要求に応じて.

30.パフォーマンス, 管轄, 適用法

30.1キャリアの支店にすべての当事者のために履行の場所, 契約は誰に宛てた.

30.2すべての紛争の管轄, 契約関係から、または関連して生じる, すべての当事者のために, 彼らはビジネスマンである場合, 運送会社のその支店の所在地, 契約は誰に宛てた; キャリアに対する請求については、この管轄権は排他的です。.

30.3 フォワーダと本人又はその法定後​​継者の法的関係はドイツの法律によって支配される.

Lehnert & COのSpedition – 東欧

95030 コート